、

ワークショップ 国際 ビジネス必携(入門編)

 拙著「日経プレミアシリーズ「お辞儀」と「すり足」はなぜ笑われる  
 
からの抜粋です。
        前ITU事務総局長 内海善雄
 

       

序列

 プロトコールの基本は、序列である。どこの社会でも、人間が複数いると序列ができる。その序列を間違うと大変な緊張が生まれ、時には取り返しのつかない人間関係ができる。

 序列の順番については、立場によって解釈が異なることが多い。たとえば、大会社の部長と小企業の社長とを接待した場合どちら を上位にするのか微妙である。年齢や経験を基準に考える場合もあれば、部下の職員数を基準に考え序列を決定する場合もあろう。 はたまた、自社との取引の濃密を基準にする場合もあるかもしれない。
 異文化間でも、大いに基準が異なる場合がある。たとえば、カソリックの国では、聖職につく人を高く遇するが、日本では、おそらく大会社の社長の方が上に遇されるだろう。

 このように序列の判断は、微妙で難しいものである。序列を考えるにあたって、一般に次のような原則がある。しかし、その場の目的や趣旨、 その土地の習慣、先例などを総合的に考えて決定しなければならない。

1 元首 王族 行政府の長 国連事務総長、立法府の長 司法の長、国連機関の長、外交団の順番

2 外交団の間では、先任順

3 各国大使 国会議員 各省次官 各省局長の順番

4 夫人は夫と同格

5 同格の間では年齢順

6 同格のポストであれば外国人が優先

7 同格(年齢、地位など)であれば、官界は民間より優先

8 同格(年齢、地位など)であれば、聖職者は通俗者より優先

 

はじめに

1 基礎的なプロトコール

挨拶

レディーズ・ファースト

敬称

序列

上位席

座席配置

レセプション

ディナー

テーブル・プラン

ビジネス・レター

レセプションで成功 の秘訣

2 プレゼンテーションの基本

スピーチ

原稿作成の秘訣

アイ・コンタクト

パワーポイントの使い方

 国際会議出席

会議の種類

議事規則の基本

会議用語


会議 成功の秘訣

inserted by FC2 system