国際機関の仕組みと職員制度

 

外国で働いたといっても、国際社会に居たことにはならない

国際社会とは、国内社会と異なるルールが働くところ

国の代表が他国と渡り合うとき

企業の代表(海外駐在)が、外国の企業と渡り合うとき

多国籍企業の職員 まだ 真の多国籍企業はない どこかの国の企業

NGOの職員 同上

 

 

国際機関の中では、国内ルールに似たものができている 。それは、国際スタンダードであり、日本のものとは、大変異なる。

 

国連     国連共通ルール

専門機関  国連共通ルール

地域機関  上記に準ずるもの

 

国連ルール概要

事務局トップは、加盟国によって選出

Legislative bodyが存在する

しかし、最高裁判所はない。

 

国連事務局職員制度

Job classification  仕事を分析 点数 グレードをつける  人為的にできる

 

Elected official  (convention)

D staff            (staff rules)

P staff

G staff

 

Permanent contract

Fixed term contract

Temporary contract

 

Local staff

 

Salary according to job

Competitive open examination

Appointment process

Hiring    

Promotion = appointment

 

Geographical distribution

Gender balance

Priority for Inside candidates

 

Immunities and privileges

No labor rights

 

Appeal Tribunal

 

 

 

各国連機関は国連共通ルールを採用

人材を広く キャリアオポチュニティ

効率性

  

ルール(理想)と実際の運用の格差

 

対等に働く知恵

まじめに考えると馬鹿を見る

人間関係 巧みに活用

inserted by FC2 system